スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍購入

一応ひよっことはいえ、授業でJAVA、サークルでCを学んでいるわけですが、・・・全く先が見えないです

プログラムって奥が深いですね・・・と入門書すら読み終えていない私がいうのもあれですが。

飽きっぽいのが私の取り柄?なわけですが(何故かこのブログは続いている・・・不思議!)本格的に奴に飽きてきました

画像
奴再び。

DXライブラリに手をつけ始めようかな・・・とか思いましたが、いずれサークルでやるっぽいので、2度同じことやるのも面倒だから保留

というわけで新しい言語でも学ぼうかな~ってことでRubyではじめるゲームプログラミングなる本を購入してみました

画像
Rubyではじめるゲームプログラミング


読み進めること2時間・・・始めて見る言語ですが、すんなりと頭に入っていきますね

記述が短いのもいい感じです

ただ、この本はどうも独自のライブラリを使用する解説が多く?(見分けつかないのでよく知らない)、私みたいに初めて触れる人は読み終えた後、別の本で学ぶ時に苦労しそうです

ついでにVistaだとUAC機能を解除しないとライブラリをインストール出来ないという罠付きです。

とりあえず今まで読んだ(全然読んでないけど・・・)範囲で出来ること

画像

背景の表示+右から画像を流してるだけです(もうちょい出来そうですがめんど

まだまだ全然です。はい。ていうか作るつもりないけど

特定の座標内でキーボード入力があった場合
  ・判定の画像を表示
  ・画像の消去(魂の場所へ飛んで消えるのが望ましいんでしょうが。)
  ・花火画像の表示
  ・得点の追加
  ・・・・片っ端から挙げてくと永遠と続きそうなので略
といった感じに処理をどんどん追加していけばそれっぽくなるんでしょうかね?

まぁ適当に言いましたが、こんなことの積み重ねなんでしょうね・・・知らないけど

実際にやってみるとtoach氏がいかに素晴らしいかが分かりますね。尊敬しちゃいます

いずれはまともな物が作れるようになりたいものです

読むの飽きてきた

画像


コメント

俺もそんなんが多いですw

一朝一夕じゃなんとかならんですね
とりあえず1年後の自分が成長していることを期待。

コメントの投稿


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。